読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私も書きたくなったので。

ジャニヲタの愛に溢れた文章が好き

NEVERLANDへの切符は……。

ツアーの当落出ましたね。

今回は(も?)落選祭りだそうで。

6人以前は『掛ければ当たる』くらい希望すれば入れたそうなので、やっぱり人気が出てきた証拠でしょうね。

 

スポンサーリンク

  

 

でも純粋な新規のFC会員って、それほど増えていないと思います。

ツアー発表後の入会においてはツアー用の複数名義が大半でしょうから、ファン数が飛躍的に増加した証明にはなりません。

新規がいきなり何名義も持つ発想にはならないと思うので、伸びた数のせいぜい三割くらいが新規の実数ではないでしょうか?

CDの売り上げの伸び悩みから見ても、一部の濃いファンが目立つから数が増えたように感じるだけで、実質的なファン数は著変ないのかもしれません*1

しかしそれにもかかわらず一公演もいけない方が続出しているので、着実にファンは増加しているのでしょう。

 

ちょっと調べたんですけど、複数回入りたくてチケットを探している方もいらっしゃるようですね。

とりあえず1公演でも入れる方は、SNSを利用してまで欲張らなくてもいいのでは?

そのあたりは個人の自由なので他人が口出す権利はありませんが、一人でも多くのファンが入れる環境の方が理想的だし、幸せはみんなで共有したいですからね。

ただし、『上乗せチケットは買わない』、それがファンが取れる唯一の転売屋対策だということだけはお忘れなく。

正攻法で当選された方は、何度でもどうぞめいいっぱい楽しんできてください。

 

スポンサーリンク

 

 

......で、そういう自分はどうなんだって??

そりゃ気になりますよねー。

もちろん私もチケット争奪戦に参加しております。

そして結果ですが……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたくし、NEVERLANDへの切符を無事手に入れました。

 

 

 

 

 

 

 

落選祭りと聞いていたので諦め半分だったのですが、何とか入れるみたいです。

遠征組の動向や交通機関の利便性、ファン心理などなど入念に検討した甲斐がありました。

SNSで探す手段は全く考えておらず、落ちたらそれまでだと覚悟して申し込んだので、本当にほっとしています。費用も最小限で済みました(笑)

公演終了後に備忘録を兼ねたレポを上げる予定ですので、どの公演に入るかはその時まで伏せておきますね~~。

 

  

  

どうか一人でも多くのファンの方にチケットが行き届きますように……。 

 

 

*1:余談ですが、知人の歴戦ジャニヲタ曰く結局会えるか会えないかが最重要事項らしく、CDに回す資金があれば現場を一つでも確保したいタイプの人も多いそうです。下手に売れて会場が大きくなると、物理的な距離も遠くなるから嫌がられるとのこと。そういう人には何を訴えても購入には繋がらないのでしょうね。

清水富美加の後押しでシングルCDを買った話。

前回の記事に続き、またもやシングルCDのお話になるのですが。

テゴマスのシングル、【サヨナラにさよなら】の購入の決め手となったのは、清水富美加ちゃんでした。

いや、マジですよ?便乗とか言わないでおくれ。

 

まず私は、『好きなアーティストの楽曲なら何でもかんでも聴きたい』ファンではないです。

もともと音楽に対する興味は薄い方で、世間話として提供される「誰の曲聴くの?」という何気ない質問に、「音楽聴かないです」という話の広がりようのない回答をしていました。困った野郎ですね。

ラジオ音源やダウンロードという手段も存じてはいましたが、それ以前にポータブル音楽プレーヤーの類を一年半前まで持ったことがなかったので、わざわざ楽曲を手間暇かけて手に入れようとは思いませんでした。

ごくまれに好きな歌手のCDを買っては、15年ほど前に買ってもらったカセットも使えるオーディオ機器で聴くという、今時の小学生にはさっぱり通じなさそうな音楽環境で最近まで生きてきました。ちなみに当方20代です、驚くことなかれ。

 

こんな人生を歩んできたため、アイドルのファンになったからと言って、音楽大好き人間にあっさり生まれ変わることはできません。

新曲を早く手に入れたいとか、楽曲をフルで聴きこみたいとか、そういう欲求は未だに本気で皆無です。

CDのコレクション欲もないし、カップリング曲にもそれほど興味がないから、基本的にはアルバムの購入だけで十分満足です。

 

そんな私ですが、シングルCDの購入経験がないわけではありません。

PVや特典映像、カップリングの音源が欲しい場合は、当然シングルCDを購入します。

NEWSとテゴマスはカラオケで本人映像が流れるため、ファンになる前のPV付初回盤の購入に際しては、それを確認してから検討するようにしていました。

 

サヨナラにさよなら(初回盤)(DVD付)

サヨナラにさよなら(初回盤)(DVD付)

 

 

サヨナラにさよなら

サヨナラにさよなら

 

正直なところ、【サヨナラにさよなら】のPVは魅力的ではありましたが、私の琴線に触れるまではいきませんでした。

ストーリー性があり、優し気な色彩で構成された映像はとても美しい。テゴマス二人のビジュアルも良く、どことなく儚げでファンタステックな世界観も素敵です。

だけど、絶対手元に置いておきたいとまでは思えなかった。

決して悪くはないのだけど、どうしても最後の一押しが足りなかった。

一応念頭に置いておき、何かのきっかけがあれば購入することにして、しばらく様子を見ることにしました。

 

スポンサーリンク

 

 

ところがある日、大変お安く売っているのを発見したんですね。

新品がこれ以下の値段で手に入ることはまずないだろうってくらいの価格でしたが、それでもケチな私は考えてしまうわけです。

安いからって大して欲しくはないものを買ってどうするのか。

明日にでもテゴマスのベストアルバムが出て、今までの全PVが特典に付きますなんてことになったら、後悔しないだろうか。

 

いい大人が悩む額じゃないって笑われそうですが、私はそういう性格なので(笑)

こういう時はネットで評価を調べたり、感想を探して参考にしています。

今回も同様に検索していると、清水富美加ちゃんのブログにたどり着きました。

ちなみに彼女のことは親しみを込めて「ふみか」と呼んでいたので、ここからはそう呼びますね。

 

テゴマス担はご存知のとおり、ふみかは【サヨナラにさよなら】のPVに出演しています。

カラオケで拝見済みだったので、出演していることは私も知っていました。

ブログはPVに出演したことを告知する内容で、詳しいことはあまり覚えていないのですが、撮影の感想なんかが書かれていた気がします。

 

その中で特に印象的だったのが、テゴマスの曲をすごく褒めてくれていたこと。

 

もちろん自分の出演作だから、おすすめするのは当たり前です。

撮影が楽しかったとか、良い映像に仕上がったから見て欲しいとか、嘘でもそう言わなきゃいけないですから。

だけど最後にちゃんと、何より曲が素晴らしいから聴いてほしいって書いてくれていた。

彼女らしいハイテンションな文章から、楽曲の良さを懸命に伝えようとしてくれているのがよく分かった。

 

すごくいい子だな、気が回る子だなって、感心したものです。

 

ちょうどそのころ、ふみかの出演する映画やバラエティを見る機会が多くて。

お喋りも仕切りも上手で、女優業ではきわどい役もこなすくらい体当たりで頑張っているのを知りました。

 

曲も世界観もテゴマスのビジュアルも良い。

そしてふみかも可愛いし明るいし賢いし、何よりとってもいい子だから。

  

ならもういいか。

ダメなところないじゃん。

きっとメイキングも価値あるよ。

  

じゃあ、買っちゃうか。

 

  

結局最後のひと押しとなったのは、彼女の魅力だったのです。

 

  

ちなみにPVのふみかも可愛いけど、メイキングでテゴマスに挨拶しに来た時の普通の女の子感が好きです。

当時ふみかは18歳くらいで、やっぱり若い女の子って可愛いなと思いました(笑)

 

  

だからなぁ……残念でならないです。

少なくとも辛かったんだろうなっていうのは分かるし、やりたくなかったという本音にも納得してしまうような仕事だって、確かに彼女はやっていた。

 

HK/変態仮面 [DVD]

HK/変態仮面 [DVD]

 

 

HK/変態仮面 アブノーマル・ブルーレイ [Blu-ray]

HK/変態仮面 アブノーマル・ブルーレイ [Blu-ray]

 

例えば【変態仮面シリーズ】。

至近距離でパンツ一枚のおじさんの股間を見続けているヒロインのふみかは、撮影当時まだ現役女子高生だった。

この事実に、鑑賞していた私はなんだか複雑な気持ちでした。

学生役だから若い子が選ばれるのは仕方ない。

でも20代半ばの女優さんが普通に女子高生役をやっていたりするんだから、ヒロインをわざわざ10代の女の子にしなくても良かったはず。

学生役の主人公を演じるのは30歳を超えた俳優で、他の生徒役にも30歳以上の俳優を多く起用しているなら、ヒロインだけ若いと一際浮いてしまうのだから。

 

主演の鈴木亮平さんはしっかりやり遂げていたし、ふみかも独特の世界観に馴染むように頑張っていた。

この作品ならではの突き抜け感があって、いい意味で一人でこっそり見るのに適した映画だと思います。

ただ、10代の女の子をヒロインに据える作品ではなかった。

リアル女子高生が演じるべき世界観ではなかったから、そこに置かれたふみかが可哀そうに思えてきて、なんとなく映画に没頭できなかった。

 

だけど新人女優はキレイな役ばかりできるわけじゃないから、それも仕方ないことだと思っていた。

キスシーンがNGなんて、事務所が清純派のイメージを守りたいごく一部の若い女優さんだけの特権。

今を時めく大物女優だって、キスシーンもラブシーンも丸刈りも水着も、みんな通過点としてやってきている。

何でもこなせる女優さんの方が使い勝手もいいし、役者として幅も広がるから、長い目で見れば悪いことじゃないんだろうな、そんな風に考えていた。

 

スポンサーリンク

 

 

芸能界って華やかなのは一部だけで、アコギな職業だというのはよく聞くけれど。 

 

勿体ないよ。

お仕事続けて欲しいよ。

明るくて可愛くて楽しそうに話すふみかを、もっと見たいよ。

 

でも。

元気で笑っていてくれるのが一番だから、無理はしないで欲しいな。

批判も覚悟で役者を止めたのなら、その分人間としては絶対に幸せになってください。

 

またテレビでお目にかかれる日が来るのを、楽しみにしています。

 

 

4人のシングルCDを買った話。

これまでの経緯や現況を踏まえると、こういう話を私がするのはどうなのかなぁと思って今まで黙ってたんですけど。

でも、そろそろいいかなって。

このブログをずっと見てくださっている方には意外というか、この人がまさか…って感じるかもしれませんが。

せっかくの機会だから、書いてみますね。

 

 

迷ったんですよ、だいぶ。

シングルを買うのに勇気がいるんです、私の場合。

「そんなに聞く?もったいなくない??」って問いかけてくる自分が、ずっと心に住んでいるから。

  

学生の頃、履歴書の趣味の欄に「倹約」って書いてたくらい、無駄遣いには厳しい私ですが。

その代わり、『どうしても手に入れたいモノは値段で諦めない』と決めています。

 

例えば予算1万円ほどで、白いワンピースが欲しいとします。

何件も訪ねて回った末に、ようやく「これだ!」と響く一着が見つかりました。

だけどお値段は5万円。

想定していた金額よりだいぶオーバーしてしまう。

 

でも買います、私は。 

金額の問題で妥協することはしたくないから。

 

だって探して迷ってようやく出会えたのなら、もう運命じゃないですか。

数ある品の中で唯一目を奪われてしまったら、数日たっても忘れられないなら、それって一目ぼれじゃないですか。

たった数万のためにせっかくの出会いを諦めるなんて残念なことだし、すごくもったいないと思う。

運命の品には惜しげなく対価を払いたい、だから私は貯金をしているのだ。

 

スポンサーリンク

 

 

収録曲はどれも私好み。

録画した歌番組も繰り返し見ているし、初回盤には大好物のPVも付いている。

カバー曲には原曲とは違った魅力がある。この4人ならではの良さがある。

それにアーティストへエールを贈りたい。素晴らしい楽曲に対する敬意を示したい。 

 

何よりも。

 

心地よい4人のハーモニーが、彼らの輝いた表情が、生き生きとしたパフォーマンスを見ている時間が、やっぱりすごく好きだと思うから。

 

 

何度も何度もネットショップを検索して、画面を覗きながら考え込んだ。

 

『悩んでいる時間が勿体ない』

 

しばらく考えていると、ふとそんな結論に至る。 

どうせ買うなら、早いに越したことはない。

それほど魅力を感じているのなら、今の気持ちを大事にしよう。

物欲のない自分がずっと悩んでいる。

その事実は、手元に置くべき十分な理由となる。

 

 

人間関係も買い物も同じ。

運命とか一目ぼれとか、直観的な感情は大切にしたい。

そして思い悩むということは、本能がそれを必要だと訴えているということ。

だから決めたのです。

自分の気持ちに素直になることが、私にとって有益なお金の使い方なのだから。

 

 

 

 

というわけで、とうとうお買い上げしてしまいました。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『グリーンボーイズ(初回生産限定版)』

グリーンボーイズ(初回生産限定盤)(DVD付)

グリーンボーイズ(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっちかよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってなりますよね。

このタイミング*1だとね。

タイトルに「4人のシングルCD」って入ってるしね。

紛らわしいにもほどがあるね。

うすら寒い買い物論を延々読ませといてね。

詐欺かよ時間返せって思うよね。

 

 

 

 

 

 

いつもの4人組の話を期待されていた方、なんか騙したみたいですみませんでした。

 

 

 

 

 

 

実を言うと、どんでん返し的な読み物をやってみたかったんです。

ちょうど材料が揃っていたので、今回書いてみようかなって。

だからこちらとしては単純に「やられた~!」って驚いててほしいです(笑)

 

ちょっと思うところがある方もいらっしゃるかもしれませんが。

ユーモアの一種として気軽に受け止めて欲しいです。

 

それにわたし、一言も嘘はついてないですからね??

 

   

 

まぁなんで買っちゃったかってね、前回の記事にも書いたんですけども。

mikuriku.hatenablog.com

桃李をなぐさめた過ぎるせいです

 

  

っていうのは半分冗談で(残り半分は真意です)

GReeeeNが再熱しちゃったんですよ。

再熱ってほど前に発熱してたわけではないですけど。

だから普通に加熱したって感じかな、うん。

 

気が付いたらMステのグリーンボーイズを繰り返し再生してる自分がいて。

やっぱりいい曲だなぁ、四人も楽しそうだなぁ、映画も良かったなぁ、桃李なぐさめたいなぁと思いながら狂ったようにリピートしている(※桃李はMステ出てません)

 

メインボーカルを務めるグループの顔、何でもそつなくこなす菅田将暉くん。

眼鏡をかけたお顔が可愛すぎてついつい目で追ってしまう横浜流星くん。

メンズモデルらしい濃い顔立ちと茶目っ気ある雰囲気が素敵すぎる成田凌くん。

口数は少なそうなのに喋ると天然な最初は坂口健太郎と見分けがつかなかった杉野遥亮くん。

 

このメンツですよ。

そりゃPVも見たくなるでしょ?

ちょっとはキュンキュン来ちゃうでしょ?

それに個性溢れるイケメン4人がわちゃわちゃしながら歌ってるのって、眺めてるだけでも楽しいじゃないですか。

このブログ読んでるヲタクなら分かるよね……!?

 

 

いいなぁ欲しいなぁって思ってから、数日間悩んで。

経験上『悩む時間の無駄さを悟ったら買い時』なので、そこに気付いてからはいつどこで買うか(ポイント還元率やセール時期で決断するため)ってことにだけに焦点を当てて考えてました。

そして先日、ついに購入したというわけです。

ALL SINGLeeeeS~&New Beginning~(初回限定盤)(2DVD付)

ALL SINGLeeeeS~&New Beginning~(初回限定盤)(2DVD付)

 

いやー満足満足。ついでに勢い余ってこっちも欲しくなってるけど、以前購入した『いままでのA面、B面ですと!?』の収録曲と結構被っているので、ギリギリ踏みとどまっています。

でも初回はPV全部ついてるんだよね…。わたしPV大好きヲタクだからなぁ…。

 

 

以上しょうもない近況報告でした。

前回の記事にある松坂桃李は普通の最上級】という一文を気に入ってくださった方がいましたので、それを受けて最後に一言付け加えさせていただきます。

 

 

普通の最上級は特別』です!!!

 

 

 

スポンサーリンク

*1:日曜17時に投稿したのは一応配慮のつもりです。それに皆さん販促記事は散々読んだでしょうから、そろそろ別の味付けはいかがかなと思いまして(笑)

『私も書きたくなったので。』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。