読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私も書きたくなったので。

ジャニヲタの愛に溢れた文章が好き

NEWSだった錦戸くんへ。

最後まで迷ったのですが、せっかく書いたなら今日しかないと思うので、この記事を出します。

 

最初に申し上げておきますと、私は錦戸亮がNEWSでなくなったあの日、NEWSのファンでも関ジャニ∞のファンでもなかったし、何なら錦戸君のファンだという認識すらありませんでした。ですが4人のNEWSのファンになってから、自分の記憶にある限りのNEWSの歴史を振り返った時、【NEWSの錦戸亮】が好きだったことを自覚するようになりました。

これから書くことは、ジャニーズ界隈に関してほとんど素人であった私が、NEWSの錦戸亮に感じていたこと、そしてNEWSではなくなった錦戸亮について思うことです。当時の関ジャニ∞とNEWSでの錦戸亮についてパブリックイメージで語るにすぎず、メンバーとの関係性や彼らの歴史について何も知らなかった一般人が思いを綴るだけです。関ジャニ∞錦戸亮を否定するつもりも、6人のNEWSが好きだとか言うつもりも決してありません。

ですが、ファンでもなかったくせに何を語っているんだと感じる方、NEWSの錦戸亮が好きだったという私の意見を一切受けつけない方にはお勧めしません。どなたが読んでも不快にならない内容を心がけてはいますが、認識の齟齬などもありますので、そのへん何卒御了承願います。あと長いです、8000字越えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年10月7日、山下智久錦戸亮がNEWSを脱退しました。

 

私がその一報を受けた時に、外野ながらに4人でやっていけるのかというNEWSへの心配と、もうNEWSの錦戸亮を見ることはできないのだという寂しさを感じたことを鮮明に覚えています。なぜかNEWSの山下智久に対する執着はなく、今も彼がNEWSだったことに対して特別に想うことはありません。おそらく脱退以前からNEWSよりソロで活躍する山下君を多く見ていたために、彼にはソロのイメージが強かったからでしょう。そしてもう一つ、私は自分では無意識のうちに、NEWSと関ジャニ∞を兼任する錦戸亮をずっと気にしていたのだと思います。

 

これは私の知人にジャニヲタがいたことに端を発します。

もともとドラマでその美少年ぶりを存じていた山下君。NEWSのデビューの際「あぁ、あのキレイな男の子がデビューするのか」、そう感じたことを覚えています。デビュー後まもなく、彼らが出演するバレー関係の番組をそのジャニヲタの知人と見ていた時、「この二人は関西のジャニーズの子なんだよ」と教えられました。特にジャニーズに興味のなかった私は受け流すように聞いていたため、本来ならそのまま忘れ去っていてもおかしくはなかったのですが。

それからほどなくして、私がこの二人のうちの一人、錦戸亮を意識する出来事が起こります。錦戸君に関するある情報が入ってきたのです。

目撃情報以下の呆れられそうな情報なので、ここでは書きません。女性関係ではないのでご安心を。ただ、意外と芸能人も身近な存在なんだなぁと思わせたその情報は、芸能界なんて別世界だと思っていた若かりし頃の私に、NEWS錦戸亮の存在を認知させるには十分でした。

 

かといってそれから錦戸君を追うわけでもなく、NEWSを見かける機会も多くはなかったため、デビュー後数年間の彼らに関する記憶は個人活動と脱退・事件関係のことしかありません。森内君の脱退を新聞で知った時は、デビューしてから学業に専念なんて理由で脱退とかアリなんだ…と子供ながらに疑問に思っていましたが、まさか10年越しに事の真相を知ることになろうとは。立て続けに飲酒問題が発覚した際は、かわいそうだけど活動停止もやむを得ないと、同情しつつもやはり他人事でした。

おそらくその頃だと思うのですが、ようやく関ジャニ∞を認識し始めました。ジャニーズに関して最低限の知識しか持ち合わせていない私の中では、【NEWSの錦戸亮関ジャニ∞も掛け持ちしている】という位置づけで、もともと彼が関ジャニ∞のメンバーで、NEWSにはそこから抜擢された形であることなど知りもしません。NEWSには絶対エースでセンターの山下君がいますが、関ジャニ∞にはそうした存在がいないために関ジャニ∞のエースとしてNEWSの人気メンバーを置いている、それが【関ジャニ∞錦戸亮がいること】に対するぼんやりとしたイメージでした。

 また同時期にKAT-TUNがデビューし、KAT-TUNのダブルエースの片割れ亀梨君とNEWSの顔である山下君を組ませる修二と彰のようなスタイルがあったために、一般人にも知名度が高い錦戸君がジャニーズ内でグループの垣根を越えることに違和感がなかったのでしょう。

 

こうして、【錦戸亮=NEWS(と関ジャニ∞)】の図式が徐々に出来上がっていくのですが、あくまでファンでもジャニヲタでもない一般女性がどう認識していたかという話で、関ジャニ∞の錦戸君について否定の気持ちがあったわけではありません。NEWSも関ジャニ∞も積極的に見ようとしたことがなかったし、まだ全員の顔と名前も一致していなかった。単に興味がなく、最初にNEWSの錦戸亮で覚えたがためにその印象が強く残っていたにすぎません。

ですがある時、【NEWSの錦戸亮】なのか【関ジャニ∞錦戸亮】なのかを考える出来事がありました。「NEWSと関ジャニ∞、どっちなの?」という無遠慮な質問に苦々しく答える彼の姿を見かけたのです。

某番組の食わず嫌いを決める企画に出演していた際に、司会の方にこの質問を振られた彼。てっきり「何言ってんすか!どっちもですよ~~!!」と明るく答える錦戸亮を想定していたのに、静かに、でもはっきりと「両方です」と答えていて。「聞いてほしくない、答えたくない」そんな思いが根底にあることを感じ、実際彼の胸中がどうであれ、こう返すしかない彼の苦しい立場をこの時初めて理解しました。

そして同時に、彼に選ばせるのは酷だけれど、私はNEWSの錦戸亮を選びたい。ほんの少し、そんな感情が私に芽生えていました。

 

それは私がNEWSの錦戸亮の方が好きだったからというよりかは、もっと単純に、NEWSの錦戸亮の方がかっこいいと思っていたから。

私が関西人なこともあり、雰囲気が身近すぎる関ジャニ∞より、スタイリッシュで王道を行くNEWSの方が特別だった。私からすれば、関西弁の見た目が良くて面白い青年は特別珍しい存在ではなかった。錦戸君を身近に感じる出来事があったり、行きつけのお店にあるメンバーが来店した時の顔写真なんかが貼られていたりして、近すぎる関ジャニ∞はアイドルという特別枠に組み込むことができなかった。

ところが関西弁による荒々しさも彼の持つアンニュイな雰囲気も、正統派アイドルNEWSの中ではスパイス的な役割を果たしていた。近所にいそうな賑やかでお笑いが得意なお兄ちゃんたちの中にいる錦戸亮は、やっぱり近所にいそうなお兄ちゃんたちの1人でしかなかったけれど、白を基調としたキラキラした集団の中にいる錦戸亮は、どことなくだるそうでちょっと怖くて、でも根はやさしいクールで男前なお兄さんとして私の眼に映った。関ジャニ∞では当たり前に馴染んでいた関西人らしい荒っぽい口調やせっかちな性格が、優等生イメージのNEWSにおいては彼だけの特別な個性となってかっこよさを際立たせていた。少女漫画や乙女ゲームにありがちな、ちょっと不良っぽくて近寄りがたいけど、本当はいい人で時々見せる笑顔にやられちゃうツンデレタイプのヒーロー、きっとそんな風に捉えていたのだと思います。

 

【面白い関西のおにいちゃん関ジャニ∞】より【正統派の憧れの王子様NEWS】の方が私の好みだったというだけで、どちらも錦戸亮であることには変わりない。

それは分かっていても、私にはNEWSにいる錦戸亮の方が魅力的だった。ハーフパンツの派手な原色衣装より羽のついた真っ白なスーツ衣装を着てほしいし、関西を前面に打ち出した盛り上がるお祭りソングより爽やかな応援ソングを歌ってほしい。そっちの錦戸亮の方がかっこよくて、私は好きだから。

 

6人時代のNEWSは露出も少なく、私も追っていたわけではなかったので、彼らを見た記憶は正直あまりありません。個別に活動する彼らを見てはNEWSの存在も思い出す、そんな感じでした。それでも私は時々見かけるアイドル錦戸亮には、NEWSであることを求めていた。

 私が6人時代のNEWSの歌う姿で唯一はっきり覚えているのが、2010-11年のカウントダウンコンサート。関ジャニ∞の京セラドームの単独カウコンが中継され、そちらに関ジャニ∞らしいレインボーの衣装を纏った錦戸君がいるのを確認した私は、「じゃあNEWSでの錦戸君は見られないのか」とひそかに落胆しました。そのあとに登場した、王子様のような白の衣装に身を包んだNEWS。トロッコに乗った5人が歌う様子が映された後、突然画面が切り替わり、現れたのは京セラドームでNEWSニッポンを歌って踊る錦戸君の姿。関ジャニ∞の衣装を着ているけれど、そこには確かにNEWSの錦戸亮がいた。

NEWSの錦戸亮を見られたこと、それが5人+1人のNEWSだったとしても嬉しくて。錦戸君大変だなと思わず口からこぼれましたが、関ジャニ∞として京セラドームに立っている中NEWSでいてくれることに、俺はNEWSでもあるんやで、忘れてへんからなって体現してくれているようで、なんだか安心したのです。結局それが、私の見た最後のNEWS錦戸亮だったけれど。

 

 

 

だからあの日。

正確には翌朝のワイドショーでその事実を知った時。

 

6人のNEWSを、NEWSの山下智久をもう見ることができないことより、NEWSの錦戸亮がいなくなってしまったことに一番衝撃を受けました。私が好きだった錦戸亮には、もう二度と会えない。この時まだはっきりとした自覚はなかったものの、やはりショックを受けていました。この日から数日後のある日、関ジャニ∞でしかなくなった錦戸亮をテレビ番組で見かけ、どうにもたまらなくなって「NEWSの錦戸君の方がかっこよかった」と家族に漏らしたことを覚えています。

 

脱退そのものについては仕方のないことだったと理解していますし、NEWSだとあまり喋らなかったとか、関ジャニ∞だとイキイキしていただとか、そのあたりは当時追っていたわけでもない私には何とも言えません。実際に二つのグループで担う役割が違ったためキャラを変える必要があったでしょうし、幼少時から一緒にいて気が置けない仲である関ジャニ∞の方が自然体でいられたとは思います。

ただ彼が脱退した後、ある番組にゲストとして横山君と村上君(もしかしたら渋谷くんかも)が出演していて、錦戸君からNEWS脱退を伝えられた際の話をしていました。記憶が曖昧なためこの話のソースを探しているのですが、全然出てこなくて。何の番組だったかも覚えていないのですが、私の妄想ではないことを信じて書きますね。

横山君が話していたことを要約すると、

・錦戸君は、関ジャニ∞のメンバーに脱退の相談をしたことはなかった。

・脱退が完全に決まってから、メンバー全員の前で話をした。

・俺はずっと関ジャニ∞やから、と錦戸君が告げてくれたことで全員号泣。

もし違っていたら本当にすみません。どなたかこの番組ご覧になっていた方いらっしゃいませんか。詳細を教えて頂けるとすっきりします。

関ジャニ∞側からするとすごくいい話だったのですが、NEWS側の立場が…という一視聴者であった私の感想はさておき、この話を聞くに錦戸君はNEWSであり関ジャニ∞である自分を貫こうと頑張っていた、脱退は彼の苦渋の決断だったことが推し量れます。

 

のちにNEWSサイドのインタビューなどで、山下君の脱退に関しては本人から前触れがあったとメンバーは話しています。しかし、錦戸君はそうではなかった。錦戸亮の脱退は状況的に可能性として存在していても、いざ話があったその時まで、NEWSメンバーにとって眼前の不安要素ではなかった。

 そしてそれは関ジャニ∞サイドも同じだったことが、この話から分かります。NEWSのメンバーにも関ジャニ∞のメンバーにも、脱退という大きな決断について相談をしていない。もしかしたら他の友人には相談していたのかもしれませんが、一番身近な当事者たちには何も語らなかった。

 それは自分の発言が、両方を兼任する唯一のメンバーとして周囲に与える影響の大きさを理解していたから。片方のメンバーに兼任が辛いとこぼすことは、もう片方のグループを軽んじることになる。同じ事務所で切磋琢磨するグループに対して、共有されている自分がどちらかの肩を持つようなことをすれば、それがどこで軋轢を生むか分からない。どんなにスケジュール的にも体力的にも辛かろうと、二つのグループのために決して不満を漏らしたりしなかった。誰よりも大変だった彼が、誰よりも両方のグループのために気持ちに蓋をしていた。脱退が決まるその時まで、彼は平等にグループを愛そうとしていた。

 

片方が動くともう片方が動けないために、的外れな批判にさらされたこともあったでしょう。NEWSではやる気がなさそう、NEWSとは仲が悪いのでは、そんな声もあったと言います。掛け持つ二つのグループに対して、彼が実際にどのように考えていたのかは誰にも分かりません。いまだに錦戸君から本音は語られていないと言いますが、きっと彼がこれ以上語ることはないだろうし、私はそれでいいと思っています。

自分だけならいざ知らず、山下君まで一緒に抜けることがNEWSにとってどれほど危機的状況になるか、彼だって理解していた。だけどついに選択の時期が訪れた時、どちらを選んでも、どのタイミングであっても、何を語っても、少なからず遺恨を生み出してしまうこと、彼はそれもまた十分に理解していた。許されはしても決して納得はされない、どのみち誰かにしこりを残してしまうのならと、批判されることも了承した上で何も明かさないことを決めたのだと、私はそう解釈しています。NEWSを選ばなかった自分の言葉は、残された者たちが新しく物語を紡いでいくのに邪魔になる恐れがある。黙秘を貫くことが旅立つ自分の最後の務めであり、4人への励ましなのだと、あるいはそんなことを考えているのかもしれない。

だけど真実がどうであれ、結果的には関ジャニ∞を選んだ彼が、決してNEWSを選びたくなかったわけではないと私は思っています。最後まで両方を選ぼうと努力していた、それでも体力的にも各グループの発展のためにも、兼任という立場を保つことがどうしても難しくなった。脱退直後のMステで彼が語ったことがすべてであり、本来どちらを選んでも責められる謂れのない彼が選んだのが、NEWSではなく関ジャニ∞だった。ただそれだけなのだと。

 

無自覚茶の間ファンの私以上にもっと嘆き悲しんでいる方はたくさんいただろうと思っていましたが、【NEWSの錦戸亮】より【関ジャニ∞錦戸亮】の方が好きだった方が多いみたいで、その点では当時あまり騒ぎにはならなかったみたいですね。というかNEWSも関ジャニ∞も関係なく「亮ちゃんは亮ちゃんだし!」ということなんでしょう。そりゃそうだ。

 

 

 

だけど私は、【NEWSの錦戸亮】が好きだったから。

いなくなってからその感情を徐々に自覚することになった私は、関ジャニ∞を否定する気持ちは全くなくても、NEWSじゃないことをきれいに飲み込めなかった。

 

脱退後、関ジャニ∞として躍進を続ける錦戸亮。それなのに私は、いつまでも【関ジャニ∞錦戸亮】ではなく、【NEWSでもあった錦戸亮】として彼を見てしまっていた。

 

ジャニーズのメンバーカラー文化を全く知らなかった私は、関ジャニ∞のメンバーカラー衣装を見た際、イメージ的には青だった彼がなぜ黄色を担当しているのか知りたくて、調べたことがあります。私のイメージしていた彼の色は、私の好きなNEWSでの彼の色だった。NEWSの錦戸亮は、思い描いていたとおり青色だった。だけどもう、そんなことは何の意味もなさない、それが残念でしょうがなかった。

ジャニーズメドレーで共演したとしても、錦戸君にNEWSの歌があてがわれることはないし、NEWSの誰かと錦戸君が同じグループで歌うこともない。かつて錦戸君がNEWSだったことの面影すら見せてはくれず、それどころかタブー視されていることが寂しかった。私が好きだったNEWSの錦戸亮はどんどん消されていくのに、やっぱり私が見たいのはNEWSの錦戸亮だということは変わらなくて。だけどもう、どうしたって過去でしかない、そうやって諦めていた。

 

ところが、今年に入って大きな進展がありました。ついに少年倶楽部プレミアムにてこの二組が共演を果たし、【元NEWSの錦戸亮】について触れられたのです。また、小山さんのレギュラー番組である「チカラウタ」に加藤さんがゲストで出演した際にも、錦戸君との関係について言及していました。二つの番組を見る限り、NEWSサイドの傷はようやく癒えてきたように見受けられましたが、それより気になったことが、錦戸君とNEWS4人の間にはやはりまだまだ溝があり、何より錦戸君が脱退の過去を誰より気に病んでいる様子が見て取れたこと。

小山さんは、ジャニーズメドレーなどで共演することはあっても言葉を交わしたりはしていなかったけれど、ようやく普通に話せるようになったと語っていました。それに対して、「まだ目も合わせられない」と気まずさを隠せない錦戸君が、自分から残された側に歩み寄ることはやはり難しい。残された側はメンバー同士で慰めあうこともできるし、4人のNEWSを確立していくことで残った傷も勲章となっていく。だけどこの先4人が過去を笑って振り返られる時がきたとしても、錦戸君はかつて一緒にNEWSとして戦ってきたメンバーに対して、脱退の負い目を一生抱え続けることになる。だって誰に批判されるわけでなくとも、自分はNEWSを選ばなかったという事実がどうしたって彼に罪悪感を与えてしまうから。やむを得ない脱退により傷ついたのは彼も同じなのに、二つのグループを同じように愛そうと努力した彼が、それでもどちらかを選ばざるを得なかった彼だけが、この先も十字架を背負って生きていくしかないなんて。

 

 

 

NEWSの錦戸亮が好きだった。爽やかな歌と王子様衣装の王道アイドルNEWSは、関西弁で気だるげな雰囲気を持つ彼の魅力をより引き立てていた。ちょっぴり悪そうな空気を纏ったクールで男前なアイドルで、垣間見える優しさと笑顔のギャップがたまらなくて、とにかくかっこよくて、もっとずっと見ていたかった。

 

NEWSとの共演や、NEWSメンバーをワイプから見つめる彼の姿を見るたびに、私はきっと【NEWSの錦戸亮】の名残を探してしまう。いまだに【関ジャニ∞錦戸亮】でしかない彼を【NEWSだった錦戸亮】として見てしまうのだから、もう癖のようなものでおそらく一生治らないし、それでいいのだと思うことにしている。

NEWSの錦戸亮はそれほどに大きかった。もっと早くからNEWSを見ておきたかったというありがちな後悔を抱きながらも、知らなくてよかったのだという慰めの感情も湧いてしまう。だってそうなっていたら、私は確実に錦戸君を追っていたから。きっと苦しすぎて、錦戸君もNEWSも関ジャニ∞も直視できなくなっていただろう。

4人のNEWSを好きになったのも彼がいてくれたからであり、彼がNEWSの歴史を築いてくれた大切なメンバーだったことに変わりはない。NEWSにいるからこそ放たれる錦戸亮の輝きはもう見ることはできないけれど、たくましく成長していく大好きな4人のまばゆい光が未来を照らしてくれている。今はもういない彼がこれからを与えてくれている、それで十分だと思っているから。そしてもう一つ、NEWSの錦戸亮は確かに存在していた。だから二度と会えない分、勝手に思い出して感慨にふけるくらい、自由にさせてほしい。

 

 

月日が経つにつれ受けた傷も癒えていき、彼の中の罪の意識がだんだんと小さくなっていったとしても、きっとどちらも完全に消滅することはない。誰にもどうすることもできなくてもどかしいけれど、だから代わりに、私はずっと願っています。

 

 関ジャニ∞錦戸亮が、関ジャニ∞として素晴らしい活躍ができますように。NEWS脱退で彼も受けたであろう傷が気にならなくなるくらい、笑っていられますように。

 

NEWSの錦戸亮でいてくれてありがとう。誰よりも頑張っていたあなたが、もうNEWSではなくなってしまったあなたが、どんな形であれずっとNEWSを想ってくれている、それだけで私は嬉しいです。別々の道を歩んだからこそ成し得たのだと胸を張って言えるくらい、それぞれが最高の結果を出せますように。そんな未来を期待しています。

 

 

 

広告を非表示にする
『私も書きたくなったので。』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。