読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私も書きたくなったので。

ジャニヲタの愛に溢れた文章が好き

夢で逢えたら。

『上はグレーの無地、下は青地に黄色の謎の柄物スエットで、抱き枕を抱きしめながら腰丸出しで寝ているマッスーを傍で立って見ている私』

という意味不明な夢を見ました。

場所は私の祖父母宅の御仏壇のある和室だったのですが、ベビーベッドを大きくしたような木製ベッドが置かれていました。まっすーはよくベッドから落ちてしまうので、横幅を調整できる(?)特製ベッドを愛用しているとのこと。うつぶせで抱き枕を抱く姿に多少おっさん感がありましたが、がっかりすることもなく、はしゃぐこともなく、ひたすらマッスーの後頭部を見つめながら無の感情で突っ立っている私。パジャマも寝姿もベッドもまっすーらしいなと納得していましたが、起きてから思い返してみるとやっぱり色々おかしいので、もっとツッコんでおけばよかったと思いました。まぁ夢ってそんなもんだ。

多分同棲してる設定だったと思うんですけど、残念ながら途中で起きてしまい、冒頭のシーン以外ろくに覚えてもいないです。何とか続きを見ようと再度眠りについたものの、なんやかんや続きは見れず(ちょっとは見たけど覚えてない)、最後の方で突然シゲと私でロケに行って、企画の趣旨を説明されたところで終了しました。企画は『追いかけてくる闘犬からシゲがひたすら逃げる』でした。シゲめっちゃ嫌そうな顔で「まじかよ」って言ってた。

 

こんな感じで、時々NEWSの夢を見ます。NEWSにはまりかけの頃は、夜な夜な其動画サイトの過去映像を見ていたためか、毎日のように四人揃って出てきてくれていましたが、最近はあまり出くわしません。大概すぐに内容を忘れてしまうのですが、初めてまっすーがピンで出てきたので記念に書いておくことにしました。

 

夢って面白いですよね。他に記憶にあるのは、

『どこかの体育館で行われるテゴマスのコンサートに参加したら、開演直前に席替えすることになり、新しい席に座ったらなんと隣がタッキーだった(番宣でタッキーを何度も見たせいかと思われる)』

『私の父のベッドに父のパジャマを着て寝ていたシゲを叩き起こして、ゴキブリ退治をさせる(私とシゲの関係性は一体)』

 良い気分になれる楽しい夢はすぐ忘れてしまうのに、不思議な状況の面白い夢はわりと長く覚えているもんです。とはいえ如何なる内容であっても朝からハッピーに過ごせることは間違いないし、現実で会えるチャンスもないので、夢で逢えるだけでも嬉しいんですけどね。

でも出来ればマッスーの夢の続きが見たいので、今宵は動画を漁りながら寝てみようと思います。

 

 

 

広告を非表示にする
『私も書きたくなったので。』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。