読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私も書きたくなったので。

ジャニヲタの愛に溢れた文章が好き

ゼウス(2016.11.24)感想~男性だっておっぱいは大事~

貴重なまっすーの半裸を毎回ありがとうございますゼウス様。

『今回負けたら今後まっすーの裸が見れない・・・!?』とひやひやしながら視聴しておりました。だってぶっちゃけ負けると思ってたので。番宣からして皆ちょっとテンション低かったし・・・。

僅差ながらジャニーズ軍が初勝利を収めたので、次回も(呼んでもらえれば多分)まっすーの裸を楽しめることに安堵しております。いやーよかったよかった。

 

なんでこんなにまっすーの裸に固執しているかと言うと、まっすーの胸板がすっごく好みなんですよ。あぁ、そんなに引かないで・・・。

いやですね、私ね、男性の体で一番好きなのが胸板なんです。それもバッキバキじゃなくて、ほどよく鍛えた大胸筋の上にちょっとお肉が乗っかった感じが好き。男らしさと柔らかさの両方を含んだ、触れた時に弾力を感じる胸板が好みなんです。だからジャニーズに多い細マッチョだとお肉が足りないし、春日さんや庄司さんみたいに筋骨隆々だと硬そうでいや。水泳選手や軽量級の柔道選手の体から筋肉を少し落としたおっぱいが丁度いい。

よく体を鍛えている男性の象徴として腹筋が挙げられますが、私は興味がないというか・・・。正直ぱっくり割れたシックスパックとか苦手です。男性諸君よ、お腹はたるんでなければ十分です。限界まで脂肪を落としたり腹筋割ったりするよりも、胸筋を大きくすることに目を向けて欲しい。

 

さて、そんな胸筋フェチの私にとって、まっすーのふっくらおっぱいはとっても理想的なわけです。

盛り上がった胸板は程よい肉付きながらも、その下には筋肉の存在を確かに感じさせます。腰回りも余計なものは付いていないし、おそらく触ったら鍛えていることが分かるくらいにはきれい。おへその下で存在感を放つギャランドゥも、男っぽさが垣間見えてアリです。

まっすー本人が以前話していたのですが、魅せる筋肉ではなく使える筋肉を目指してるらしく、それが結果としてスポーツ選手のような『実戦向きの柔らかい筋肉』を持った体型を作っているんだと思います。残念なことに胸板の露出は一瞬でしたが、代わりにたくましい背中や腕の筋肉をしっかり鑑賞させて頂きました。個人的には『試合で乱れた柔道着の合わせ目から覗き見える胸板』がすごく好きなので、ゼウスの関係者様、次回は柔道対決なんていかがでしょうか。

そしてこんな気持ち悪い性癖を露呈して私は大丈夫だろうか・・・

 

 

では、ざっくりと全体の感想を。

*上田君の存在感よ。最初から最後まで熱い。

*チーム29歳に中間君も入れてあげて欲しかったけど、どうせならうちの手越も呼んだげて欲しいです。

*ボディメイクは指摘していいんだ・・・そしてそのシーンをオンエアするんだ・・・。そのままでも十分良い体なんだから、小細工しなくていいのにね。

*やっぱりまっすーは前髪がある方が好き。

*副音声で知るまっすーの交友関係の広さ。芸人さんと仲良いのってちょっと複雑というか・・・合コンとかしてませんように。

*二階堂君が一瞬過ぎる・・・せめて胸板を見せてくれ。

*と思ったら芸人軍は全然映されなかった人がたくさんいる・・・

*大縄跳びを省略したせいですね。確かに前回もダレ気味だったから賢明な判断ではあるけど、だったら別の競技に変えればよかったのに。

*キーパーが知念君だと体小さい分不利なのでは・・・(経験者?)

*小瀧君はタレントとして『もってる』子。

*サッカー歴○年とかさ、週1で2時間の練習でも継続してればカウントされてるわけだから、全然あてにならないよね(笑)

*ゼウスボンの命中率に驚く。でもこれもローリングゼウスも自分との闘いだから、バトル関係なくないか・・・?

*全体的に番組が改善されていた。得点は総取りではなく納得いく配分になっていたし、ルールや競技も公平になっていたように思います。まだまだツッコミどころはありますけどね。

 

 

以上ゼウスの感想です。お疲れさまでした~。

 

 

 

 

 

 

 

 

『私も書きたくなったので。』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。