読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私も書きたくなったので。

ジャニヲタの愛に溢れた文章が好き

『EMMA』発売に水をさす!

NEWS ジャニーズ 議論

シングル発売のお祝いムードに浸っている方には大変厳しいことを申し上げます。
文章もとっ散らかってますがご容赦ください。

ご理解のうえでこの先どうぞ。

 

 

要するに『NEWSにかける労力も金もない』って言われてるんじゃないのこれ?

 

私は抜けたメンバーに失礼だとか言う気はさらさらないけど、以前の曲を四人で録り直すことに対して賛否あるのはファンとして理解できる。でも四人verにも需要があるならそれはビジネスチャンス。彼らはまだまだ上層部の方針に意見できるような立場じゃないだろうから、決まってしまったら受け入れるしかない。

 

問題はそこじゃないの。

既存曲を今こういう形で売り出す、それがどういう意味を持つのかってこと。


アルバムに入れるならわかるよ。『十曲以上収録されているアルバムのうち、二作品は既存曲のアレンジ』、それなら珍しいことじゃない。今までだって似たようなことはあったし。

 

でもシングルなの。年に二枚しか出ないシングルの一枚で、オリジナル・カラオケを除けば三形態あわせて全部で五曲しか入っていない。

にもかかわらず、そのうちの二曲が既存作品の録り直し。
録り直しってことは、一から作るわけじゃないから、新曲よりはるかに手間もコストもかからない。


売り出す以上どれだけ稼げるかは大事なんだけど、同じくらい重要なのは、いかに低コストで高パフォーマンスを出せるかってこと。製作費をなるべく抑えた方が、儲けは大きいわけですから。

 

でも、主題歌なんだよ。

 

前回のタイアップではドラマ放送が全五話と非常に少なく、シゲもレギュラーではあるけどあくまで脇役で、本筋にそこまで関わってたわけじゃない。でも今回は大きい役やらせてもらえて、おそらく十話程度は放送されるはず。そして夏ドラマより冬ドラマの方が、視聴率も高い傾向にある。

一般的には露出度に比例して売り上げも見込めるはずだから、今作は前作より売れなきゃいけない。露出は増えてるのに売上は前回と同じ、なんて許されないでしょう。しかも前回は夏歌では人気のないバラードで勝負したから、今回の方が条件は有利ときてる。

だからこそ、気合い入れて作るべき作品じゃないですか。売らなきゃいけないし、売れなきゃいけない。だけどいくら露出したって今時気軽にCDを買う層はたかが知れてるから、やっぱり基本はファン頼みになってしまう。ファンは手元に作品を置いておきたいコレクション欲があるから、新曲作って買わせるのがセオリー。

 

 

なぜ以前シングルにもベストにも収録された曲を、このタイミングで持ってきたのか。

 

 

良曲でファンから人気があって、初回盤のみだとしても。

 

『完全な新曲の方が嬉しい』『六人以前の作品を四人で録り直すことへの抵抗がある』、そんなファンが少なからずいるってことも絶対分かってるはず。

 

 

じゃあなんでこんな大事な時に録り直しなんてラクな方法が取られたのか。
たった五曲しかない新曲製作の枠に、お金をかけてもらえないのか。

 


それでもNEWSのファンは買うだろう、って甘く見られてるってことじゃないの。

 

 

残されてかわいそうな四人、健気な四人、そこから這い上がった四人。

そんなお涙頂戴エピソードが大好きな、四人のファン。

人気曲を四人で録り直したお手軽なCDでも、大喜びで買ってくれそうなファン。

 


舐められてる、って思った。

 

 

通常盤に入ってるなら、まだ納得できた。初めてNEWSを手に取る一般層が買うとすれば、ドラマ主題歌さえ手に入ればいいんだから、おそらく価格の低い通常盤に流れる。だからあえて人気曲を通常盤に入れることで、聴かせて取り込む作戦なのかなって。

 

でも初回盤ってことは、完全にファン向け。

需要があるのは認めます。四人で歌う「さくらガール」「I・ZA・NA・I・ZU・KI」の良さは十分わかってます。

 

でも、今回じゃなくて良かった。

せっかくのドラマ主題歌。メンバーがメインキャラとして登場して、三ヵ月間しっかり流れる曲が表題曲のシングルなら、ちゃんと手間暇かけて作って欲しかった。初回の特典DVDだって、今までで一番収録時間が少ないよね。

 

シングル出せるのは嬉しいことだし、出すからには売れてほしいですが。

 

ただ製作費を抑えたいためだけに、既存曲を使いまわしたように思えてならない。

 

手抜き、って思ってしまったし、大事な場面でコストをかけてもらえないNEWSの現状が垣間見えた気がして、素直に喜べない。

 

 

 

今はそれだけです。

 

 

 

 

『私も書きたくなったので。』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。