私も書きたくなったので。

ジャニヲタの愛に溢れた文章が好き

映画『暗殺教室』感想

あっれー書くつもりなかったんだけどな!?

何なら見るつもりもなかったのに。たまたまテレビつけたらやってて、見始めたら最後まで見ちゃったっていう、あるあるなやつです。そして見たら感想書きたくなっちゃったんですよ…。

 『暗殺教室』、長年週刊少年ジャンプ読者をしていたので、私も連載当時ばっちり読んでました。実写化すると聞いたときは絶対こけると思ったし、配役に対して色々突っこみもしました。山田くんの黒歴史になるのではと心配してたくらいです。

だから続編の一報を受けたときは本当に意外だったというか、ジャニヲタの底力に感心していました…。

そんな原作ファン寄りのジャニヲタの感想です。放送を見ながら書き始めたので、見落としや間違いもあるかもしれません。甘くも辛くも素直に綴りましたので、そのあたりご理解の上どうぞ。

 

 

えー、まず視聴者のみなさんに聞きたいんですけど、

 

これ原作未読の人、話ついてこれてる??

 

展開早すぎて意味分からん…ってなりそう。

序盤はそれぞれの登場人物のエピソードを消化しようと頑張りすぎた結果、山田くんが添え物になってしまって主役は誰?状態に…。2時間しかない映画であれもこれも詰め込み過ぎで、見せ場も一瞬で終わってしまうから、見どころが伝わりにくい。

殺せんせーや戦闘シーンのCG技術に関しては邦画の限界があるのは分かりますが、やっぱりちょっと安っぽく見えるかなと…。こういう部分をクリアしない限り、原作ファンが実写を嫌がるのも無理ないんですよね…。

 

 

それぞれの人物についてですが、まず山田くん。

最初に山田くんが渚を演じると聞いたときは、妥当だけど年齢的に厳しいかもしれないという不安があったんですね。そしてやっぱりちょっと無理があったかな…というのが正直なところです。

渚って原作では、気の弱い可愛い系男子なんですよ。冴えない普通の男の子なんだけど、実は暗殺のセンスがあるっていうギャップのあるキャラ。

だけど山田くんはオーラが隠しきれていないというか、存在感がありすぎて普通っぽくない。もう少し若いころならまだ少年っぽさもあって、頼りないけど頑張ってる男の子に見えたんでしょうけど、成長して身体的にも精神的にも貫禄がついて、立派な男性になってしまった。幼さが残っている頃ならもっとハマッていたと思うので、そこが唯一惜しかったです。

 

菅田くんのカルマ、実写の配役としてはまぁまぁ納得してたんですよ。イメージとはちょっと違ったんですけど、無難かなって。いざ見てみると役を完全にモノにしてたというか、カルマが菅田くんじゃなくて、菅田くんがカルマだった。原作のカルマファンもイメージこそ違えどがっかりはしないだろうし、菅田くんの演じるカルマに実写版ならではの魅力を感じてくれると思います。さすがカメレオン俳優菅田将暉の名は伊達じゃないですね。

 

橋本環奈ちゃん演じる葎。この子に関しては原作に寄せずに(特に髪型…)、環奈ちゃんの良さをもっと引き出してあげて欲しかったです。だってかわいい子の無駄遣いなんだもん!!

加藤清史郎君は難しい役なのに頑張ってたなと。あの年齢で二次元キャラを演じつつCGアクションをこなすのは大変だったと思います。

椎名桔平さんと高嶋政伸さんは年齢以外は文句なしです。高嶋さんのイカレっぷり素晴らしい!!

ビッチ先生は…一応設定上はヨーロッパ系の美女だったはずなので、せめてハーフタレントを起用するとかして欲しかったですね。日本人の女優さんではなく、あえて同じアジア人の知英さん使った理由が分からないので。セクシーさはばっちり出てましたが。

 

そして最後は殺せんせー。

驚いたのが、声優としての二宮君の演技力。予想をはるかに超えて上手でした。

たいてい芸能人の吹き替えって下手くその一言に尽きるので、あまり期待していなかったんです。でも二宮君の声の演技は本職の方に全く引けを取らないレベルでしたし、アニメ版の声優さんの演技に寄せたのか、違和感も全くなかった。実写の殺せんせーはCGに頼り過ぎているわりには正直その技術が高くないので、声の演技まで下手だと見るに堪えなかっただろうから、二宮君にだいぶ助られていたと思います。

原作ファンも納得の殺せんせーでした。  

  

 

 

以上簡単な感想でした。

それではおやすみなさい!!

 

 

スポンサーリンク 

 

広告を非表示にする
『私も書きたくなったので。』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。