私も書きたくなったので。

ジャニヲタの愛に溢れた文章が好き

『キセキーあの日のソビトー』感想(ネタバレなし)

前日まで今更だけど『君の名は。』を見る気満々だったのに、めざましテレビで流れた激高してやさぐれる無精ヒゲの松坂桃李にやられてしまい、急きょ予定を変更して観て参りました。自暴自棄になってるイケメンって鑑賞する分にはいいよね……自分に当たられたらたまったもんじゃないけど。

 

スポンサーリンク

 

NEWS最大のヒット曲*1【weeeek】の提供者、GReeeeN

『キセキーあの日のソビトー』は、彼らの代表曲である【キセキ】誕生秘話を実写映画化した作品です。

このブログを何度か見てくださっている方はご存知かと思いますが、私って財布のひもがとーーーーっても固いんですよ。基本すぐ金勘定するし、絶対に欲しいと思うものにしかお金を使いたくないから、衝動買いなんてほとんどしたことない。でもって音楽にそんなに興味がない人間だから、買ったCDも少ない方です。基本アルバムしか買わないし、いいなと思っても1週間くらい悩んでからネットで最安値を探して買う、そんな感じ。

しかし、こんなにケチケチした私が人生でたった一度だけ、CDショップで見かけてそのままお買い上げした作品があります。それがGReeeeNの【いままでのA面、B面ですと⁉】。

いままでのA面、B面ですと!?(通常盤)

いままでのA面、B面ですと!?(通常盤)

 

もともと【キセキ】は好きだったんですね。ドラマ『ROOKIES』を視聴していて、その主題歌だったからよく聞いていました。映画化されたときも観に行ったのですが、アルバムの収録曲でもある【遥か】が主題歌で、映画の内容に合った歌詞が凄く響いてきて、本当に感動しました。他にも月9の主題歌だった【刹那】や、人気曲の【愛唄】も収録されていて、この4曲が手に入るなら十分だと思って即購入を決めたのです。

こういう過去を踏まえると、私がNEWSにはまったのもある種必然だったのかなぁと思います。だって人生で唯一CDを衝動買いしたアーティストが、人生で一番CD購入してるアーティスト最大のヒット曲の提供者なんだよ…?

そういうわけでGReeeeNは元々好きだったし、持ち歌の8割がアニソンな私が一般人とカラオケに行く際の定番曲として【キセキ】も良く歌っていました。加えて菅田将暉くんをはじめメンバーを演じる4人が「グリーンボーイズ」としてMステに出演していた回を見てちょっと映画に興味を持ってたところ、ヒゲ面桃李が追い打ち掛けてきたんだよね。

無精ヒゲのイケメンはホンッッットにずるいな!!!

 

スポンサーリンク

 

GReeeeNのプロデュースを手掛けてきたJIN(松坂桃李)と、その弟であるGReeeeNのリーダーHIDE(菅田将暉)をダブル主人公に据えた青春映画。GReeeeNのプロデューサーとメンバーって実の兄弟なんだ!?そして主役は菅田君だと思ってたけど松坂桃李もなんだ!?」ってことを観てから知りました。しょうがない、桃李テロを受けて直前に鑑賞を決めたから情報を入れる時間がなかったの。

肩書だけ並べると、兄弟そろって音楽の才能はあるし、弟は現役歯科医だし、随分いい人生歩んでんな~と思ってしまうのですが、やはり人間ですから悩んだり苦しんだりしています。どの程度実話が脚色されているのかは分かりかねますが、どうやら兄弟のお父さんはドクターらしく、音楽活動に関してはとんでもなく反対を受けたようです。

私はドクターとお仕事していたことがあるので、このあたりの辛さというか大変さを多少見てきたのですが、「医者の子供に生まれたから医者にならざるを得ない」環境ってあるんですよね。開業していれば誰かが継がなくちゃいけないし、女の子なら結婚相手も限られてしまう。教育費は存分にかけてもらえるけど、その分結果も求められるから、勉強が苦手だったり目指す職業がそれなりの肩書(公務員や士業)でない場合、本人たちは重圧や期待に応えられなくて非常に苦しむ。

 

映画の設定では父親は勤務医で、尊敬する父と同じ職業を目指す菅田君は、医学部受験に向けて勉学に励んでいます。対して兄の桃李はバンドで夢を追いかけていて、父から猛反対を受けてとうとう家を飛び出してしまう。なんやかんやあって菅田君は合格し、大学生活の傍ら音楽活動も始めますが、一度はメシャーデビューの話が来るも仲間割れで白紙になってしまう桃李は、どんどん追い込まれていきます。このあたりのベランダで煙草ふかしてる桃李のやさぐれた後ろ姿が個人的にはたまらんかったです、はい。

趣味で始めた音楽の評判が良く、兄の助けもあってメジャーデビューの話が来るものの、彼らは医大生。大金と親の期待がかかった夢の邪魔になるような真似はできないと、兄に断りを入れてしまいます。兄からすれば才能ある弟が自分の夢であるメジューデビューを蹴るなんて、もったいないわ悔しいわ、とにかく気持ちの行き場がない。

この辺からちょいちょい兄弟で喧嘩して怒ったり悩んだりするので、桃李ファンと菅田くんファンは見ていて楽しいと思う。でもさぁお兄ちゃんは本当に優しいんだよ……一度はブチ切れた偉い人に弟のために何度も頭下げてくれてさ……自分はデビューもなくなって一人ぼっちでさぁ……ああもう誰か桃李を慰めてやってくれっていうか私が慰めたいわ。

 

スポンサーリンク

 

あんまり書くとネタバレになるのですが、そもそも実話を基にしているため、予想を裏切るほどの劇的な展開が待ち受けているわけではないです。それなりに悩んでそれなりに解決して、ある程度まとまってキレイに終わる。良く言えば落ち着いて見られますが、逆に言えば平凡なストーリーではあります。

私は普段ドラマチックなアクション映画や予想もつかない爆笑コメディを好んで観ているので、抑揚のないストーリ―は退屈に感じてしまう方ですが、この映画に関してはそれがむしろ良かったというか、静かに感動できました。登場人物の心情の変化を丁寧に描いていたからか彼らの演技に注目して見ることができたし、展開のスピードもちょうど良いので2時間があっという間でした。

物足りないと感じる人もいるかもしれないけど、出演者の演技力や歌唱力も十分だしストーリーに大きな欠点があるわけではないので、見て損した!!とはならないはずです。私としては、輝ける居場所を得て自信をつけた桃李の笑顔を見届けられたので、とても満足しています。あと俳優菅田将暉の万能さを見て欲しい。彼ほんとに何でもできる子だわ。

 

weeeek

weeeek

 

 

weeeek【通常盤】

weeeek【通常盤】

 

6人時代の楽曲【weeeek】を超えるヒット曲になかなか恵まれない4人のNEWS*2ですが、桃李(JIN)とGReeeeNが作った素晴らしい楽曲を超えるなんて容易いことじゃないって思い知らされました。

4人体制になってからの代表曲、みんな大好き【チャンカパーナ】最大の弱点は一般人の前で堂々と歌えないことです。『約束するよ……チャンカパーナ』のセリフはどうすればいいの。真顔で言うの?それともまっすー張りのスマイル決めればいいの??いっそドリンク飲むふりしてスルーするか!?って色々悩むのも面倒だから、結局歌わないって選択になりますよね~。【weeeek】は社会人応援ソングで歌詞も元気が出るし、一般人とのカラオケで歌っても盛り上がるから、万人受けするという点でやっぱり強いですもんね。

 

ヒロインの忽那汐里ちゃんを久々に拝見したのですが、クールで芯の通った菅田君の彼女役がとても似合っていて、個性的なファッションと相俟ってめちゃめちゃ可愛かったです。ですが汐里ちゃんに負けず劣らず、navi役の横浜流星くんの顔が可愛すぎました。いや、本当はMステで見たときから思ってたんですけどね。男子があんなに可愛い顔してたらダメじゃない?女子どうしたらいいの??

最後にもう一つ、この映画を見てから一層考えるようになったのが、音楽はビジネスで、CD一枚出すのにも多大な労力がかかるということです。これは映画だから現実より美化して描かれているのだと思いますが、実際はチャンスをつかむこと自体が大変で、たった一度のチャンスを逃せばもう二度とないかもしれない。歯科医大生という武器が逆に足枷になっていたGReeeeNとは事情も異なってくるでしょうが、音楽業界で生きていくことは、素人には計り知れないほどの苦労と忍耐を伴うのだと思いました。

 

以上簡単な映画の感想でした。

見終わってからしばらく桃李桃李と連呼*3していたら、

身内に松坂桃李とか普通やろ」と吐き捨てられたので、「桃李は普通の最上級やろ!!!」と言い返しておきました。私は間違っていない。

 

NEWS BEST(初回盤)

NEWS BEST(初回盤)

 

  

NEWS BEST(通常盤)

NEWS BEST(通常盤)

 

先日の記事でテゴマスの初回盤の売れ行きについて散々語りましたが、地味に『NEWSBest』の初回盤も至る所で見かけるので、【weeeek】も収録されていますからぜひ一枚ポチって欲しいです(ド直球)。

6人体制以前のシングル表題曲15曲に加え、特典として初めて音源化された4人の個性溢れるソロ曲が、な、な、なんと12曲も収録されています!!なお通常盤にはシングル表題曲以外の楽曲からファン投票で選ばれた15曲が収録されていますが、初回盤は現在新品が2千円以下で販売されていますので(泣)、とりあえずシングル表題曲だけ聞ければいいやって方は初回盤を買った方がお値段的にはお得です。

 

というわけで結局何が言いたいかってやさぐれた無精ヒゲの桃李を慰めたいってことです。終わり。

  

スポンサーリンク

 

*1:『最大のヒット曲』の定義は色々あるでしょうが、売り上げ枚数と一般人への浸透度合いを合わせて測れば、NEWSの場合は【weeeek】で間違いないと思います。

*2:知らなかったのですが、GReeeeNのeが4つなのはメンバーが4人だからだそうです。奇しくも【weeeek】を引き継いだNEWSも4人になったので、なんかこう、運命的ですよね……。

*3:図書館戦争』の時は田中圭しか言えなくなる症状が出ました。原作では堂上教官(岡田君)派だったのに……。

『私も書きたくなったので。』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。