私も書きたくなったので。

ジャニヲタの愛に溢れた文章が好き

就職先に不安しかない新卒のみなさんへ。

今からお話するのは【こういう会社はやめておけ】というアドバイスです。

 

私の新卒時代の話になるのですが、実はちょうどこの時期(3月半ば)に、就職先に対する信用が消えうせた事件がありました。

もし同じような経験真っ最中の方の参考になれば、ということで書いてみます。

 

スポンサーリンク 

 

 

リーマンショックに体当たりしたせいで、就活には相当苦労しました。普通に100社以上受けたし、最終面接は3回落とされたし、学校推薦なのに倍率が実質90倍以上あったりしまして、ようやくようやくつかんだ内定でした。

ところが内定承諾後、「あれ、ここちょっとおかしいぞ…?」という点が何個か出てきました。

実は面接の段階から嫌な予感はしていたので、内定の連絡があったときにも断るべきか考えていました。だけど就活に疲れ切ってしまっていたことや、もう卒業まで半年程度しかなく、1年かけて1社しか内定をもらえない自分が半年以内に就職を決めるなんて絶望的だと理解していたため、最悪数年後に転職すればいいやと割り切って覚悟を決めて受け入れたのです。

 

しかし、入社前研修の連絡が前日の夕方だったり、いざ行ってみると内定時に聞いていたのとは異なる職種の研修を受けさせられたり、そのくせ『これから5ケ月毎週〇曜日と〇曜日の夕方〇時から3時間ね☆彡』と突然の告知の割にスケジュールがみっちりだったり、内容も杜撰な上に資料もろくに用意されていなかったり、研修のお休みの連絡をされなかったり、詳しく書けないんですけど不安しかない状態でした。

ちなみに専門性の高い業界なのですが、一緒に研修を受けていたのは何年も勤務されている社員の方で、新人は私のみ(しがない文系大学生、その分野の勉強をしてきたわけでもなく資格も持っていない)という肩身の狭い状況でした。要するに新卒向けに特別に行われた研修ではなかったようで、内容がちんぷんかんぷんすぎて泣きそうだった当時の自分を抱きしめてあげたいです。

入社前のアルバイトにも呼び出されたのですが、これもまた前日連絡で、今まで受けてきた研修の職種でもなければ、内定時に伝えられた業務でもない仕事をする話になっており、いよいよ本気で後悔し始めます。

ですが親にも伝え済みで今更ぬか喜びさせたくなかったこと、研修やらなんやらでたくさんの時間と労力をかけてしまったこと、何よりまだ第二新卒という言葉がなかった時代*1ですから、卒業までに他に内定が取れる見込みが皆無な私はもう我慢するしかないと思い込んでいました。

 

ところがその入社前アルバイトの期間中に、就職先からとんでもない真実を告げられます。

詳細を書けないので、就活と似ていると言われる婚活に例えてみます。

 

【必死で婚活してようやく結婚が決まったのに、30歳まであと2週間というタイミングで入籍寸前の婚約者に「実はバツイチなんだけど子供もいないし奥さんとは円満離婚したから問題ないよね?バツがあるかなんて気にしないって前に自分で言ってたし」と開き直って詫びる様子もなくカミングアウトされた。】

 

こんな悲劇が自分に起こりました。身バレ防止のため念には念を入れてぼやかしてます。分かりにくくてすみません。

不快な思いをされた方がいたら申し訳ないのですが、告げられた瞬間この例えが瞬時に頭に浮かんだので、当時の記憶をそのまま載せてみます。でも我ながら秀逸な例えで気に入ってます。

 

とにかく今ごろそれ言う?って話を卒業式も済んだタイミングでサラッと伝えられて、一瞬頭真っ白になりました。しばらく呆然としていましたし、表情筋が引きつってました。

問題なのはバツイチではないんですよね。離婚歴なんて大事なことを今の今まで黙ってたやつと結婚なんかできるかということです。信頼がた落ちですからね。

結局「最悪2年経ったら辞めてもいい」ことに決めて、自分を精いっぱい励ましながら腹を決めて入社しました。不信感がぬぐえないことに加えて色々ありまして、やっぱり数年後に退職しました。いまだに入社したことを後悔していますし、出るとこ出て戦っておけばよかったなぁと反省しています。

 

スポンサーリンク 

 

 

この時期研修とか説明とかで就職先に伺う機会も増えてくるかと思います。その中で、どう考えても不条理なことを告白されたり、明らかに職場の雰囲気が悪そうだと気付いたら、少し冷静になって欲しいです。あなたの物差しで測ったときに「なんかおかしい」と思ったら、それが社会のルールや一般常識から逸脱していないか確認してみてください。

大学の就職課はあまりあてにならない*2と思うので、友人や両親、大学の先生、ハローワークでもいいので相談してみましょう。なるべく沢山の人、できれば社会人に相談してください。

相談してみて「それヤバくない?」という反応が50%以上なら、まず間違いなくその会社はヤバいです。そこは辞退して、別の就職先を探してみましょう。

誰もが多かれ少なかれ苦労しながら就活してきたと思うので、この時期に内定蹴るのってすごく怖いでしょうけど、職歴に傷がつくよりマシです。一応まだ卒業してないから好景気の波に乗れれば既卒になる前に間に合うかもしれないし、今なら第二新卒という言葉も一応ありますからね(実際どれほど機能しているかは別問題ですが)。

 

 

これから社会人になる皆さんは、何が常識で何が非常識かなんて、まだ判断できませんよね。会社によってルールも違うし、ある業界では当たり前のことでも、他業種ではそうじゃなかったりする。

社会人になってみると、世の中は意外と適当に回っていることに驚きます。銀行だろうが病院だろうが弁護士事務所だろうが、結構しっかりしてそうなところでも内情はゆるゆるだったりします。だからあなたが期待するような制度が確立されていなかったり、あなたに対する扱いが雑だったりしても、多少は仕方がない部分ではあります。特に中小企業であればあるほど、資格がものを言う世界であればあるほど、狭い世界の常識が限られた人材の中でまかり通っているかと思われますので、その傾向は顕著になるでしょう。

それでも先日まで学生だった素人を採用するのなら、企業は新人をしっかり育てる覚悟を求められます。知識がある前提で業務を教えてくる、最初から高度過ぎる要求をして叱咤するのは、新人を育てる体制が整っていない企業側の怠慢です。育てる気もないのに新卒を採用するのはただの無責任で、社会悪だと思います。何もできないことを新人を理由に開き直っていいわけではありませんが、この先40年近い人生をささげる可能性も視野に入れて就職したのにその誠意を踏みにじるような会社だと思ったら、やめておく方が賢明です。だってあなたが人生をかけて働こうとしているのに、会社はあなたを大切にする気がないのですから。どのみち長くいたっていいことはありません。

 

私の場合は周囲に頼れる社会人がおらず、理由あって友達にも相談できず、親も自営業でサラリーマン社会のことは何も知らないという四面楚歌状態で、誰にも言えずに抱え込んでしまいました。今思えば本当に良くない環境だったし、ハローワークでもいいから相談すべきだったと思います。ちなみに退職後にいろんなところでこの話をしましたが、90%くらいの人にドン引きされます。

未だに就職先に対して憤りはありますが、愚痴を言っても仕方ないことです。

代わりに私と同じように悩んでいる方の参考なればと思って書いてみました。

 

スポンサーリンク 

 

 

怖いですよね。

苦労して手に入れた内定を卒業間際に手放すなんて。

だけど時には拒否する勇気も大切です。

自分の中の一般常識と照らし合わせた時に「おかしい」と思ったら、せめて誰かに相談してみましょう。

なるべくたくさんの人に話を聞いてもらうことで、下す決断にも自信が付きます。

 

新卒のレールに乗れなかったからと言って、そこで人生が終了するわけではありません。

たいていの人は一回や二回は転職をするのですから、新卒で入る会社にしがみつく理由なんてないのです。

 

 

大丈夫、まだ若いから何とでもなります。

 

 

社会へはばたく皆さんに幸あれ。

 

 

 

*1:リーマン直撃世代の就活救済措置として、私が卒業してからちょうど半年後に「卒業後3年以内の既卒は新卒と同じように扱いましょう」という方針が政府から発表されました。それが今でいう『第二新卒』ですが、当該世代からすれば「せめて卒業するまでに言えよおせぇわ無能クソ政府が〇ね!!」って感じでした。このブログ史上最も汚い暴言吐いてみたけど未だにそれくらいの不満がある。

*2:内定辞退されて就職率を下げたくないから。就職課に偏見持ってるタイプなんであくまで個人の意見ではあります。

『私も書きたくなったので。』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。